スタッフブログ

2021年4月16日

ウェイク施術 まめ知識

あなたも不眠障害かも!?

厚生労働省が発表している、睡眠に関する指針。
睡眠の質を高めるために、私たちにできる事を行います!
健康づくりのための睡眠指針 2014
~睡眠 12 箇条~
1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。
2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを。
3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります。
4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です。
5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。
6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です。
7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ。
8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を。
9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠。
10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない。
11.いつもと違う睡眠には、要注意。
12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を。

 

少し古い資料ですが、これが現代人の現状ですね・・・

①寝つきが悪い

②夜中に目が覚める

③朝スッキリと起きれない

④日中眠くなる

これは明らかに不眠障害です。
この資料が平成25年で現在は令和3年。
この資料の当時から8年経過しています。
その頃よりかは、今の時代は良いんじゃないのかぁ?
なんて思っている人は、眠りに関するマイナス面をあまり感じていない人ですね。

今の時代はPC、スマホ、タブレットがない家庭の方が少なくなっています。
ほぼ毎日、眠る直前までスマホ片手に床に就く。
これでは神経が休まらないので、絶対に睡眠の質は悪くなるのですね・・・

すぐに眠れて、スッキリ目覚める!
日中はバリバリ動けて、頭がクリア!
眠りを改善すれば、こんな生活習慣にする事が可能なのです。

睡眠健康指導士がいる整体サロンWakeでは、眠りやすい健康つくりをテーマに施術を行っています!
少しでも眠りが気になる方は一度ご相談くださいね!

関連記事

よく眠る為に、朝はカーテンを10cmあけましょう!

早目に眠る為には、朝に起きる時間が大切なのです。 では、朝に気持よく起きる為には何が出来るでしょうか? ちょっとした事ですが、カーテンを少し開けて寝るという事です。 人間は朝の光が目に入ると光の刺激が …

理解力がないと思われる方へ

理解力とは、理解する能力と記されています。 能力だったらなかなか高められないなぁ・・・なんて思いませんか? でも、理解力がない人はある程度の特徴があるともいわれています。 どんな特徴があるのかを少し上 …

睡眠時間はどれくらいがいいの??

睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分 ・睡眠時間は長い人、短い人、季節でも変化、8時間にこだわらない ・歳を取ると必要な睡眠時間は短くなる 「何時間眠れたら健康か?」 この答えはとても難 …

子供の考える力を高めませんか?

経済協力開発機構(OECD)は、加盟国などの15歳を対象に3年に1度実施する国際的な学習到達度調査(PISA)の2018年の結果を公表しています。 教育関係のランキングでよく耳にするのは、OECDとい …

記憶力を高めるには!?

今回は記憶についてのお話。 記憶には、「記銘」(覚える)、「保持」(保存する)、「想起」(思い出す)という3段階があります。 脳は毎日膨大な量の情報が入ってきます。 そのうち脳が重要だと判断した情報の …

最近の記事

ご相談・無料カウンセリング予約