スタッフブログ

まめ知識 自律神経

睡眠時間はどれくらいがいいの??

睡眠時間は人それぞれ、日中の眠気で困らなければ十分

・睡眠時間は長い人、短い人、季節でも変化、8時間にこだわらない
・歳を取ると必要な睡眠時間は短くなる

「何時間眠れたら健康か?」
この答えはとても難しいですね・・・

ただ、大切な事は、日中覚醒して過ごせているのかという観点で、睡眠の充足を目安とする事。
睡眠時間自体にはこだわらない事が重要という事ですね。

そもそも必要な睡眠時間は個人で異なり、長ければ長いほど良いというわけではありません。
アメリアの大規模調査では、7時間睡眠の人が8時間以上寝ている人と比べて寿命が長いという結果も出ています。

日中に強い眠気があったり、平日と比べて週末に3時間以上長く眠らないと過ごせないなら、それは睡眠不足であると判断できます。

必要以上に長時間布団で過ごすとかえって睡眠が浅くなり、熟睡感が損なわれてしまいます。
8時間睡眠がいいとか言われることもありますが、これには学問的根拠はないのですね・・・

必要な睡眠時間は発達と加齢の影響を受けます。
2歳ころまでは1日の半分以上を睡眠がしめます。
10歳代になると、8~10時間が睡眠をしめています。
成人以降で50歳代までは6.5~7.5時間くらい。
60歳代以降はさらに短くなり、70歳を超すと平均6時間弱になります。

日中活発に過ごした場合、睡眠不足が続くと、長めの睡眠は必要となります。
季節によっても睡眠時間は変化します。
秋から冬の日照時間が短い時は、睡眠時間は長くなります。
逆に日照時間が長くなる春から夏は睡眠時間は短くなります。

睡眠は「時間」ではなく「質」が重要なのですね。
質の高い睡眠を心がけた生活がこれから必要となります。
意識的に質の高い睡眠を作る事ができれば最高です。
しかし、なかなかそれは難しいなぁ・・・
なんて感じている方はWakeにご相談くださいね!

睡眠健康指導士がいる整体サロン
それがWakeですからね(^^♪

関連記事

【Wakeのテーマ】

Wakeとは、目覚める、再作動、気づく、自覚すると言う意味がります。 また、言葉遊び的に、上に行く「上行く」がワンランクアップという意味として、成長や向上、成績アップ、健康や姿勢の観点から見ても今より …

あなたも不眠障害かも!?

厚生労働省が発表している、睡眠に関する指針。 睡眠の質を高めるために、私たちにできる事を行います! 健康づくりのための睡眠指針 2014 ~睡眠 12 箇条~ 1.良い睡眠で、からだもこころも健康に。 …

眠りのリズムが記憶力を高める!

人の体は、朝に目覚めてから約15時間後前後で眠くなるというメカニズムを持っています。 どうしてかというと、朝起きて日の光を浴びてから約15時間前後で体内時計の作用で眠りのホルモン「メラトニン」が増えて …

記憶力を高めるには!?

今回は記憶についてのお話。 記憶には、「記銘」(覚える)、「保持」(保存する)、「想起」(思い出す)という3段階があります。 脳は毎日膨大な量の情報が入ってきます。 そのうち脳が重要だと判断した情報の …

よく眠る為に、朝はカーテンを10cmあけましょう!

早目に眠る為には、朝に起きる時間が大切なのです。 では、朝に気持よく起きる為には何が出来るでしょうか? ちょっとした事ですが、カーテンを少し開けて寝るという事です。 人間は朝の光が目に入ると光の刺激が …

最近の記事

ご相談・無料カウンセリング予約